取扱い技工物

保険技工物全般

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

保険CAD/CAM冠

CAD/CAMとは
Computer-Aided-Design/Computer-Aided-Manufacturingの略で、コンピュータを用いて設計や製造を行うという意味です。

CAD/CAM冠(ハイブリットセラミックス)とは、セラミックス(陶磁器)の良さ「美しさ・強さ」とレジン(歯科用プラスチック)の良さ「耐衝撃性・粘り」両方の良いところを合わせ持った、人工の歯の素材です。

天然歯に近い透明感と艶のある仕上がりが特徴で、表面が滑らかで汚れやプラークがつきにくく美しい白さを長く維持できます。金属を使用していないため、金属アレルギーを起こしたり、金属によって歯肉が黒ずむ心配が低くなります。

保険義歯

保険が適用される義歯には、アクリルレジン(プラスッチク樹脂)と呼ばれる材料が使用されています。また、部分入れ歯には、歯列内に固定するためのクラスプと呼ばれるバネが備え付けられているのですが、保険適用内の入れ歯では、このクラスプが金属製となっています。
虫歯や歯周病などによりすべての歯を失った場合には、粘膜(歯槽堤)の形にピッタリと合う総義歯を作ることで、粘膜と吸着させることができ、義歯を維持させることができます。

ファイバーコア

利点
①強度と耐久性が高い
②歯へのダメージが少ない
③光の透過性が天然歯に近い
④歯や歯ぐきの変色が少ない
⑤金属アレルギーの心配がない
⑥歯をほとんど削らずに済む
⑦再治療が容易にできる
欠点
①保険適用外のため高価
②作製が難しい
歯科医療において「コア」とは「土台」を意味する言葉で、人工歯の芯の部分を指します。歯を家とするなら基礎にあたる部分で、ここが安定していなければ歯は長持ちしません。
"ファイバーコア"とは、グラスファイバー樹脂で製作したコアのことです。従来、人工のコアは金属を使用した「メタルコア」が主流でしたが、それでは硬すぎて歯を傷めてしまいます。ファイバーコアは、象牙質(歯の内部)に近い弾性を持っており、歯にダメージを与える心配がありません。

ナイトガード・ハードスプリント

ナイトガードは、歯ぎしり防止のマウスピースになります。就寝時にナイトガードを装着することにより、歯周組織にかかる力を軽減できます。
また歯の治療後、装着した補綴物を守るためにナイトガードの装着をお勧めします。
ハードスプリントは、顎関節症の治療や咬合力(=噛む力)の分散や顎の治療に使われます。

ハイブリッドセラミックス

ハイブリットセラミックスとは
レジン(歯科用プラスチック)とセラミックスを混ぜ合わせたものです。
レジンは「変色しやすく破損しやすい」という欠点があり、セラミックスには「硬すぎる」という欠点がありますが、その両者の欠点をカバーし、それぞれの長所を生かした素材がハイブリットセラミックスです。

レジン(プラスチック)とセラミックスの特徴を併せ持つので、適度な硬さと柔軟性があり、周囲の歯を痛めません。金属を使っていないので金属アレルギーが生じずに天然歯に近いので美しい特徴があります。

ポーセレン(メタルボンド・ジルコボンド)

メタルボンドとは
メタルボンドは、金属の表面にセラミックスを焼き付けた素材です。金属アレルギーの心配のある方にはお勧めできませんが、金属の強度とセラミックスの審美性を兼ね備えている補綴物です。
ジルコボンドとは
基礎部分にジルコニアを使用し、表側にセラミックス(ポーセレン/陶材)を焼き付ける素材です。基礎となるジルコニアには審美せいにすぐれることのほか、金属不使用であるためブラックマージン(歯と歯ぐきに生じる黒ずみ)のリスクを抑えられることから、非常に美しく仕上げることが可能です。

e-max

多様な特徴をもつセラミック素材「e-max」。
透明感がとても高い素材で、豊富なシェード(色調)で天然歯のような透明度・審美性を再現することができます。金属ではないため、安全性が高く耐熱性にも優れています。

e-maxの主成分であるニケイ酸リチウム(ガラスセラミックス)は硬さがほどよいので、すり減ったり、噛み合う天然歯を傷めたりすることがありません。曲げ強度(割れにくさ)は、通常セラミックの約4倍(400Mpa)あります。
天然歯と分子レベルで強固に接着するのがe-maxの特徴。
治療箇所のすき間から汚れや細菌が入り込まないので、きちんと手入れをすれば治療箇所から虫歯になることはありません。

フルジルコニア

ジルコニアは、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミックスの中でも一番優れた審美性・耐久性を誇ります。ジルコニアは従来の素材と比べてとても軽く、お口への負担が軽減されます。軽量のため、ブリッジをお口の中に入れたとしてても、違和感がなく自然な噛む力を回復してくれます。
スペースシャトルの断熱材に使われるほど耐久性が高く、また、優れた曲げ強度によって大きな力を拡散させる作用を持っているため、割れたり欠けたりすることがありません。
人工関節に使われている臨床実績をもつジルコニアは、人体によくなじみ、無害な成分であるため、生体親和性に優れています。金属を一切使用していないため金属アレルギーも起こらず、安定性が高いため、長期的に使い続けられる素材です。

ノンクラスプデンチャー

利点
①義歯を入れていると気づかれにくい
②装着感がよい
③食渣が詰まりにくい
④歯を大きく削らない
⑤金属アレルギーにも対応
欠点
①辺縁歯肉の自浄性に劣る
②材料の耐久性が低い
③強度が低い
義歯を残存歯に固定するクラスプ(金属バネ)を使用しないことにより、
義歯を装着していることが気づかれにくく、審美性を重要視した義歯です。

インプラント技工

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト