実績紹介

◆GCコニカルアバットメントを用いた
all-on-4全額修復


技工の流れはこちら
ガム模型

1.ガム模型

通常のインプラント同様にガム模型を作製。
ガムの範囲が小さくなりすぎないように注意する。
バイト+インデックスフレームレーム

2.バイト+インデックスフレーム

通常のバイトと同様に作製。
インプラント部でかたつかないように注意する。同時にインデックス模型用のフレームをコバルトで作製。ガム模型確認用とインデックス模型作製に使用する。

3.マウント・排列(一回目)+インデックス模型

マウント後にレジンフレーム作製用の排列を行う。テンチの歯型等で排列状態を保存しておくと良い。
同時に口腔内で確認したインデックスフレームを模型におこす。

4.レジンフレーム

排列をしたらコアをとりレジンを流す。変形の少ないレジンを使うと良い。
カットバックをして最終的なメタルフレームの形を作る。この時点でかたつきがあった場合はレジンフレームをカットしてインデックス模型に合わせる。

5.メタルフレーム試適・排列試適(二回目)

出来上がったメタルフレームに再度排列する。歯肉部もなるべく完成に近い形態を作る。

6.ガム築盛・完成

確認した排列で問題なければ流蝋をしてメタルフレームにサンドブラスト処理をしてハイブリッドにてガムを築盛する。
研磨をして完成。

◆Nobel BiocareASCアバットメントによる
前歯修復


技工の流れはこちら
サンプルサンプル

1.ガム模型製作

サンプルサンプル

2.デザイン設計

3shapeにて、ASCのフレームのデザイン設計

3.エマージェンスプロファイル、フレーム設計

隣在歯には天然歯のZBを同時製作するため、陶材を盛る量などを考慮する。
天然歯とアバットメントの陶材築成量を同じにすることで色調の安定を図る。

4.角度補正

ASCアバットメントによる角度補正を行い、アクセスホールを25°傾け舌側方向に持ってくる。

5.陶材築成、完成

天然歯、アバットメントに陶材を築成し、完成

◆Nobel Biocare
マルチユニットアバットメントを用いた
all-on-4全額修復


技工の流れはこちら

1.ガム模型+バイト

通常のインプラント同様にガム模型を作製。
ガムの範囲が小さくなりすぎないように注意する。
バイトも通常と同様に作製する。

2.チタンフレームの作製・試適

今回は、レジンフレームを作製後、スキャン。
その後、口腔内で試適。
試適時に、歯肉タッチの感じをしっかり確認をする。

3.チタンフレームをWaxUp・Allジルコニア人工歯 作製

チタンフレームをWax Up後、ダブルスキャンにて、
All ジルコニア 人工歯を作製。
デザイン時、ジルコニアの厚みをなるべくとり金属色があまり出ないように気を付ける。

4.ガム築盛・完成

ジルコニア人工歯の完成後、ハイブリットにてガムを築盛。
ナノコートをして完成。